グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  部門紹介 >  病児保育室 こりすの家

病児保育室 こりすの家


当院保育所には職員用保育所と病児保育所が併設されております。
子育ての中で最も困難を感じ取る時、それは子供が病気をした時ではないでしょうか?機嫌が悪くなったり、発熱・下痢・嘔吐の症状は子供が小さければ小さい程、親は不安になってしまいます。自分の子供が病気の時は、親は出来れば自分で看てあげたいと思いますが、子供の病気は本当に突然始まるので、どうしても仕事が休めない日、大事な用事があるかと思います。そのような時に病児保育を利用してみませんか。

体調が悪い時に初めての場所に預けて大丈夫かしら?と思われるかも知れませんが、少人数制で子供2人に対して1人の看護師・保育士が付き、一人一人の子供のリズムにあわせ、自宅での生活と同じようにくつろいで安心して過ごせるよう保育看護を行っております。

病児保育とは、病気または病気回復のため集団生活が困難な時期に、看護師・保育士により一時的にお子さんをお預かりするさいたま市の委託事業であり、現在こうした施設はさいたま市内に6ヶ所しかありません。許可保育園に通われている乳幼児が対象となりますが、空きがあれば、無許可保育園や幼稚園に通われている場合でもご利用できます。

お問い合わせ

西部総合病院 病児保育所 こりすの家 

電話 048-857-3195