グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ご利用案内 >  入院・面会のご案内 >  地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟


地域包括ケア病棟とは
急性期治療を終了し、すぐに自宅や施設に退院するには不安のある患者様に対し、在宅復帰に向けて治療、看護、リハビリテーションなどを行うことを目的とした病棟です。在宅や施設(一部の施設除く)に復帰予定の方であれば対象となり、リハビリテーションをしない方も対象となります。

具体的には次のような患者様が対象となります

  1. 入院治療により状態は改善したが、退院前にもう少し経過観察が必要な方
  2. 入院治療により症状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
  3. 在宅での療養準備が必要な方



入院費・入院日数

入院費は定額となり、リハビリテーション、投薬料・注射料(一部除く)、処置料、検査料、画像診断料、入院基本料などが含まれます。(※その他、食事、オムツ等の保険外負担分は定額に追加となります。)
『地域包括ケア病棟』に入院された患者様には、在宅復帰をスムーズに行うため、「在宅復帰支援計画書」に基づいて、主治医、看護師、理学療法士、在宅復帰支援担当者などが協力して、患者様のリハビリテーションや在宅支援(相談・準備等)を行ってまいります。
(注)地域包括ケア病棟の入院日数は保険診療で規定されており、最大60日までです。病状が安定しましたら、ご自宅、施設などに退院していただきます。

当院の地域包括ケア体制

当院の地域包括ケア病棟のイメージ

病状等の変化により、主治医が積極的な治療が必要と判断した場合、他院への転院、もしくは当院で適切な病棟に病室を移動していただくことがあります。

お問い合わせ先

地域医療連携室 電話:048-854-1320
院内調整をした上で、数日以内に担当より受け入れの可否を含めてご連絡いたします。