グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  聖光会グループについて >  理事長挨拶

理事長挨拶


ご挨拶

聖光会グループ
理事長 西村直久

2014年に医療・介護総合確保法が成立し、すべての団塊の世代の方が75歳以上となる2025年を目途に様々な政策が実行されています。その中で地域包括ケアシステムの構築と地域医療構想の策定は二本柱であり、高齢者が住み慣れた地域で安心して生涯を過ごせるように、医療や介護、保健や介護予防、生活支援サービスを一体的に提供することや、地域の実情に応じて病院病床数を推計し、医療の機能分化と連携が推進されています。
 さて、昨年の当グループの年間スローガンは『完成させよう!地域包括ケア』でした。比較的病状の安定した患者様やリハビリテーションが必要な回復期状態の方を受入れるための、地域包括ケア病床や回復期リハビリテーション病床の強化、また、在宅医療推進のための拠点事業や在宅療養(後方)支援病院として後方病床の役割を担ってきました。今年は急性期・救急機能の充実と、医療依存度の高い患者様のための療養病床の機能強化を図りながら、引き続き地域包括ケアシステムの中核を担える病院づくりを目指していきます。
我が国の社会保障制度は人口減少や高齢化、財政難などの影響で厳しい局面を迎えています。そのような状況下で、今一度足元を見つめ直して、固めて、将来にわたって良質な医療や介護を提供し続けることが大切だと思っています。今年はスローガンとして『~千里の道も一歩から~足元を見直そう!』を掲げ、2018年の医療法の改正、来るべき2025年に備える年と位置付けました。
ここ数年で地域の医療・介護の連携が飛躍的に進みました。私共の基本理念には、『地域の皆様と共存・発展し「喜びと幸せ」を共有する』が謳われています。創業以来45年間、地域の皆様に支えられ存続・発展してきました。絶えず感謝の気持ちを忘れずに、利用者本位の医療・介護サービスを提供していきます。
今後とも聖光会グループをよろしくお願い申し上げます。
平成29年1月吉日
聖光会グループ
理事長 西村 直久