グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  通所サービス >  栄養サービスのご案内

栄養サービスのご案内




食事時間

朝食    8時30分~
昼食  12時00分~
おやつ 15時00分~
夕食  17時30分~ となっております。

食事内容の種類は?

  • 常食(普通食)
  • ご飯&軟菜食
  • お粥&軟菜食
  • ご飯&刻み食
  • お粥&刻み食
  • 3分粥(3分粥&3分粥食)
  • ミキサー(お粥&ペースト食)
  • 流動(流動食)
  • 経管(濃厚流動食)

常食提供の一例


特別治療食

主に、糖尿病食、減塩食、腎臓病食、潰瘍食等 病態に応じて提供させていただいております。
その他、個々人の病態に合った食事内容等については、お気軽にお問い合わせください。

行事食

4月の行事食は「お花見弁当」です。

筍や春野菜をたくさん使ったお弁当です。
昔から、「春は苦味を盛れ」と言われています。
春野菜ならではの、苦味が身体を春へと目覚めさせてくれます。


※その他、四季折々の食材を満載して日本の食文化をご提供しております。

栄養相談

1人暮らしや高齢者世帯では、栄養面がおろそかになりがちです。
春日部厚生クリニックでは、高齢者の食の健康のために、管理栄養士による栄養相談ができます。


栄養状態改善サービス(栄養ケア・マネジメント)

当院では、通所サービスご利用者様全員の栄養状態の判定を行っております。
判定項目につきましては、身長・体重・BMI(体格指数)・(体重減少率)・血清アルブミン値の5つとなっています。
この項目において、低栄養状態のリスク(危険度)を低・中・高の3段階に分け、判定しています。

1. 栄養スクリーニング

スクリーニングでは、体重測定と採血を行っています。測定結果からBMIという体格をあらわす指数や体重減少率を算出し、お一人お一人の栄養状態を把握しております。測定結果は、書面にてお配りしています。

2. 栄養アセスメント

ここからは、スクリーニングの結果から低栄養状態のリスクが高い方が対象となるサービス内容です。全ての項目を進める上で、ご利用者様及びご家族様にご同意いただけるかを確認させていただきます。
アセスメントでは、日常的食事摂取量の把握を目的とし、1日分の食事内容の記録や食生活についての簡単なアンケートにお答えいただいております。その内容を基に、摂取(必要)栄養量を算出し、過不足がないか確認させていただいています。また、多職種による総合的な評価を行っております。

3. 栄養状態改善サービス計画書作成

ご利用者様及びご家族様のご意向を確認させていただいた上で、計画書を作成しています。

4. サービスの実施

栄養ケアサービス計画書にて立案したケアサービスを実施致します。
ここからお受けいただくサービスに対しまして、月額300円のご負担をいただいております。

5. モニタリング

管理栄養士や介護スタッフが、食事摂取状況などを確認させていただき、現状の把握をさせていただきます。栄養や食事に対する質問にもお答えしています。

6. サービスの評価・報告

サービスの実施から3ヶ月が経過しますと、実施状況の評価を行い、継継的サービスが必要か、それともサービスの計画を変更(改善)して実施すべきか等ご利用者様及びご家族様と共にケアマネージャーや多職種が検討いたします。